体育教室でやっていること

  • 鉄棒

    まずは「鉄棒から手を離さずにぶらさがる」という簡単なことから始めます。
    できるようになってきたら、両手をのばし鉄棒の上で体を支える「つばめ」を試してみたり、鉄棒に逆さまになってぶら下がってみたりしながら、技を習得していきましょう。
    技は大きく「下り技」「上がり技」「回り技」の3種類に分類することができます。
    代表例として「下り技」は『前回り』、「上がり技」は『逆上がり』などがあります。
    少人数制の為にお子様のレベルに合わせて簡単なところから難しい技にも挑戦していきます!

  • 跳び箱

    まずは跳び箱を使って跳び乗りや跳び下りをしたり遊んだりするところから始まり、両足で踏み切ってロイター板をしっかり使う練習などを行います。
    その後は基本的な支持跳び越し技(開脚跳びや閉脚跳び)などに取り組み、お子様のレベルに合わせた段数(最大8段)などに挑戦していきます。
    少人数制の為に出来るようになってきた場合は台上前転などの回転系の技にも挑戦していきます。

  • なわとび

    初めて縄跳びを持ち挑戦する子から二重跳びに挑戦する子など少人数制のレッスンを活かし、指導しております。
    指導内容としては下記になります。小学校の体育に特化した指導になります。

    • まえとび / 後ろとび
    • あやとび / 後ろあやとび
    • 二重跳び / 後ろ二重跳び / はやぶさ
    • 交差とび / 後ろ交差とび
    • 片足しとび

    ※他にご希望される技はメールにてお問い合わせください。

    ※レッスン当日は普段利用している跳び縄をご持参ください。

  • マット運動

    学校体育の基本であるマット運動をお子様のレベルに合わせて指導致します。
    まずは予備的運動(えんぴつ転がり、ゆりかご、ブリッジなど)から始まり、前転や後転などの練習へステップアップします。指導内容としては下記になります。小学校の体育に特化した指導になります。

    • 前転 / 開脚前転 / 伸しつ前転 / 跳び前転
    • 倒立 / 倒立前転
    • 後転 / 開脚後転 / 伸しつ後転 / 後転倒立
    • 側転 / ロンダート
  • コーディネーショントレーニング

    「まっすぐに走ることができない」「ボールを上手に投げられない」などのお困りのお子様は多くいらっしゃいます。
    そこでポイントになるのが『運動神経』になります。目や耳などの感覚器から入ってきた情報を上手に脳が処理をし、筋肉など体の各部分へ適切に指令を出す神経回路のことを『運動神経』といい、運動神経は【コーディネーション能力】とも呼ばれています。
    そして、その能力を養うのが「コーディネーショントレーニング」です。
    このコーディネーショントレーニングには、7つの能力に分類されます。(下記参照)

    リズム リズム感を養い、動くタイミングを上手につかむ
    バランス バランスを正しく保ち、崩れた態勢を立て直す
    変換 状況の変化に合わせて、素早く動きを切り替える
    反応 合図に素早く反応して、適切に対応する
    連結 身体全体をスムーズに動かす
    定位 動いているものと自分の位置関係を把握する
    識別 道具やスポーツ用具などを上手に操作する

    コーディネーション能力=『運動神経』は生まれつきではなく、トレーニングをすることで向上します。コーディネーショントレーニングをすることで、脳からの身体の各部位に対して指令を出す動きを高めることが出来るようになります。
    当教室ではお子様に合わせて最適なコーディネーショントレーニングを提供し、学校体育で困らない『運動神経』を向上させるカリキュラムになります。

ご予約・お問い合わせ

このサイトを共有する